田中愛のプロテオグリカン講座

プロテオグリカンで潤い肌を目指しながら、小顔を作る方法2回目

 

顔筋体操を行う際は、鏡の前で

夏の暑さが厳しかった今年ですが、気がつけばもう秋です。
赤とんぼが飛んで朝と夜が過ごしやすくなってきましたね。この時期は、夏の日焼けの後追いが肌に出る時期なので、プロテオグリカンでしっかり保湿しながら肌のケアをしっかり行いましょう。
こんにちは、田中愛です。

さて、前回はプロテオグリカンで潤い肌を目指しながら、小顔を作る方法!ということで、プロテオグリカンでプルプル潤い肌に導きながら、小顔も一緒に作っていくレクチャー動画を交えながらお伝えしましたが、今回も引き続き2回目となります。

今回は、筋肉と脂肪の関係と、美容レクチャーをお伝えいたします。筋肉と脂肪の関係は顔にもありますので、体の簡単な仕組みを理解して、一緒に美容メソッドを行いましょう。

プロテオグリカンで肌をしっかり保湿して、プルプル肌でシワを目立ちにくく!!
そして、顔の筋肉を鍛えて、小顔を目指して!!
健康なで、お肌の生まれ変わりをスムーズに、そして美肌!!

この3つをバランスよく保てるように頑張ってみましょう。

 

筋肉を鍛えると早く痩せる=顔も小さくなる

筋肉を鍛えると、腕が太くなったり、腿が太くなっていやだ!!とおっしゃる方が多いですが、実は、適度に鍛えて筋肉をつけないと、脂肪が溜まりやすくなります。逆に筋肉をしっかりつけることで、脂肪が溜まりにくくなります。顔も同じです。

人間の体を車に例えると、筋肉がエンジンで、ガソリンが脂肪と例えられます。人間の脂肪はエネルギーとして消費されます。当然、車のエンジン(筋肉)が大きいと、ガソリン(脂肪)が減るスピードも速くなります。

人間の体も同じで、筋肉量が多いと、脂肪の燃焼スピードも早くなります。お腹周りや太もも、二の腕、アゴのラインなど気にしている女性は多いともいます。顔であれば、他の部位に比べて、脂肪の量が比較的少なく付きにくい場所なので、しっかり鍛えることで、燃焼されやすくなっていくことが望めますので、綺麗な顔のラインや小顔をつくるためにも、しっかり保湿と顔の筋肉トレーニングを行いましょう。

先に使われる燃料は食べたもの

体に付いた脂肪は、摂取したカロリーが消費しきれなく脂肪となって、体に蓄積されていきます。運動してすぐに体の脂肪が落ちていくというわけではありません。
初めに、食事で摂取したカロリーが消費され、体の中で燃やすものがない!
燃料が無い!!となったときに、体にある脂肪がエネルギーにかわり消費されていきます。

意識で筋肉の付き方が違う

表情筋を鍛える際は可能であれば、鏡を見て行いましょう。鏡を見て、意識してしっかり行うことで、何も見ないよりは効果が違ってくるといわれています。自分が思っている以上に筋肉は動かせていないことが多いので、しっかり動かして、筋肉を破壊して、超回復を行いながら綺麗な表情筋をつくることを心がけましょう。また、マッサージをはじめると、指はどうしても顔の中心にいきがちになります。ですが、アゴのラインや耳の前、おでこなど年齢が出やすい部分は中心から離れていることがあります。手全体を使い顔を広く使いましょう。

体重より体形

 

適度な筋力トレーニングは綺麗な体のラインを作る近道

筋肉は、脂肪より重たいので、体重計に乗ったときに、「あれ?あんなに頑張ったのに、体重が落ちていない!!」と驚かれる方も多いですが、きちんとトレーニングを行っていれば、筋肉量が増えて、脂肪が減るため、体重にさほど大きな減りは見られないのです。ただし、体のラインなどは、綺麗になっていることが多いです。もし、体のラインを綺麗にしたいのであれば、体重より、体形を気にして行うことがよいと思います。一番解りやすいのが、写真を撮ることです。1週間ずつ写真を撮って見比べてみてください。目に見えて解るようになるには、早い方で2ヶ月程度、3ヶ月くらいから、はっきり解ってきます。

筋肉と同化している皮下組織の上にある部分にプロテオグリカンをしっかり補い、潤い肌にしながら、顔の筋肉を鍛えて、表情が垂れないようにしていきましょう。また、顔だけ鍛えるのではなく、体全身を運動させて、効率よくトレーニングをしてみましょう。

おおよそ筋肉と脂肪の関係はイメージできましたか?

ではここから、顔筋体操のレクチャーに入ります。

前回もお伝えいたしましたが、顔筋体操を行う際は、必ず、ローションや保湿クリームや化粧水を顔になじませてから行っていただくと、より効果的です。特に、プロテオグリカン配合のクリームを使うと、肌に潤いを与えながら行い、肌の滑りを良くし、効果的な顔筋体操ができるので、おすすめですよ。

 

顔色を良くするする猫手マッサージ

顔のツボを押しながら、猫の手のように顔をマッサージしてく方法です。顔の結構が良くなり、顔色が良くなります。お化粧の乗りも良くなってくるので、メイク前などに行ってみてください。

美容家田中愛のモテ顔エクササイズ 顔を明るくする猫手マッサージ(動画)

グーチョキパーで簡単リフトアップ方法

グーチョキパーでできる簡単リフトアップマッサージです。頬のマッサージ、アゴのラインのしごき上げ綺麗なラインに、リンパを流して老廃物をなくしていく。とても簡単ですので、お試しください。

美容家田中愛のモテ顔エクササイズ グーチョキパー小顔3分エクササイズ(動画)

基礎化粧品をつける順番

このプロテオグリカン生活を読んでいる方の中には、プロテオグリカン配合化粧品を使われている方も多いと思いますが、使い方、使う順番を間違えると、効果が薄くなることがあります。この動画では、基本的な基礎化粧品のつけ方の順番をお伝えしております。もし、同じような基礎化粧品であれば、効果を効かせたいほうを先にお使いください。

美容家田中愛のモテ顔エクササイズ 正しい基礎化粧品のつけ方(動画)

顔の筋肉を鍛えた後は必ずケアを

 

時々サロンでケアをしてみることもいい!!

顔の筋肉を鍛えたあとは、美容液や保湿クリームでしっかりケアしてあげましょう。顔を手でこすったり、強く抑えることで、皮膚に負担がかかります。しっかり保湿したり、栄養分を与えることで、肌のダメージを軽減することができます。プロテオグリカンはヒアルロン酸に匹敵する保湿力を持っていますので、終わった後のケアにも有効です。

プロテオグリカンの素晴らしいところは、まず、保湿力、そしてアンチエイジング効果、もう一つは、ヒアルロン酸とコラーゲンの生成の手助けをするところです。皮膚のつくりは前回もお話しましたが、皮膚は三層の構造になっていてバリア機能がある表皮、真皮、脂肪細胞によって作られています。脂肪細胞と筋肉は繋がっていますので鍛えてあげることで中からふっくらとはりのある肌を作ることができます。また、保湿することで真皮に水分が入りみずみずしい肌になります。


2日に1回か3日に1回のペースで顔の筋肉を鍛えていくことが理想的です。

次回は年齢と共に、痛くなることが多い関節痛とプロテオグリカンのお話しをいたします。

【関連ページ】
つらい関節の痛みにもプロテオグリカン?(次回の投稿)
プロテオグリカンで潤い肌を目指しながら、小顔を作る方法(前回の投稿)
プロテオグリカンってなあに?
プロテオグリカンのここがすごい!

【公式Twitter】
ツイッターでも、お肌のことをつぶやきます。

【関連サイト】
美容家 田中愛のエステ ビナーレ

美容家 田中 愛 (たなか あい)

大 手化粧品会社「ファンケル銀座スクエア」、外資系大手化粧品会社「エスティローダー」などを経てエステサロン ビナーレを設立。2009年8月に日本テレ ビ『魔女たちの22時』に出演すると、「~青森の田んぼのなかに美肌の神様と呼ばれる魔女がいる~」と紹介され、リフトアップメソッド「顔筋体操」やオリ ジナル野菜ジュースのレシピを披露。たちまち全国で話題に。

 

※ここでの体験談はあくまでの個人の感想です。また、市販している商品を使用しているものでもありません。