田中愛のプロテオグリカン講座

UVにも種類がある? プロテオグリカンでしっかり日焼け後ケア!

青森の熱い夏祭りも終わりましたが、まだまだ残暑厳しい日々が続いています。皆さんいかがお過ごしでしょうか? 田中愛です。

前回は、美肌3兄弟ということで、プロテオグリカン、ヒアルロン酸、コラーゲンの役割についてご説明いたしました。

今回は、日焼けと大きく関係してくる、UVA UVB UVC とプロテオグリカンで夏後の肌ケア方法をお伝えしていきます。

UVとはなにか?

太陽に雲が掛かっていても紫外線は降り注ぎます。

テレビや雑誌などで、「UVカット」と言う言葉を耳にしたことがあると思いますが、UVとはUltra Violet(ウルトラバイオレット)の頭文字で紫外線を意味します。UVカットとは、紫外線をカットするという意味があります。紫外線は、太陽光から地球に降り注ぐ、見ることもできない、感じることもできない光線です。

UVには、UVA、UVB、UVCの3種類

一言にUVといっても、種類は3種類あり、それぞれ肌に浸透する深さが違い、影響も違ってきます。

UVA 紫外線A波波長・・・320nm~400nm  肌の奥深くに入り込みます。

UVB 紫外線B波波長・・・280nm~320nm  肌の中層まで入り込みます。

UVC 紫外線C波波長・・・180nm~280nm  ほとんどがオゾン層でブロックされます。

UVA、UVB、UVCが肌や体へ与える影響

UVA 紫外線A波・・・高加齢 シワ シミなど。

・肌の奥に入り込むUVA

UVAはUVBほど、強い変化は見られませんが、紫外線に長時間あたり、肌が黒くなる
のは、UVAを浴びているからです。

UVAはUVBに比べると、比較的軽いように見られますが、UVAを浴びることから、
肌に乾燥を招き、シミや、シワができやすい肌状態になる可能性があります。

UVAは、波長が長いので、肌の深くまで到達し、細胞組織を含め、さまざまな部分に
徐々に影響を及ぼしていきます。

数年前に日焼けしていた目に見えないシミが、時間をかけて徐々に見えてくるように
表面に出てくることがあります。
また、コラーゲンを変性させる性質もあるため、本来のコラーゲンの役割を十分に
発揮できない状態の部分に、シワなどができてくることがあります。

UVAはオゾン層や雲も通り抜けやすいため、UVBに比べれば、大変多くの量の紫外線が
地上に降り注いでいます。曇りの日でも日焼けをするのはこのためです。

UVB 紫外線B波・・・日焼け サンバーン


・炎症の原因となるUVB

日焼けで肌が赤くなるの(紅班)はUVBが影響していることがほとんどです。
海水浴やプール、屋外での長時間の活動で、紫外線を浴びて、赤く焼けたり、
水ぶくれができたりした経験を持つ方は、多いと思います。
このような日焼けの症状が出る場合は、UVB(紫外線B波)が主な原因となっています。

皮膚に対する刺激が強く、炎症などによる「紅斑」(赤い火傷の症状)が多く見られ
その大きさが、UVAの1,000倍といわれています。

UVBは波長が短い分、地上に到達するのはわずかで、全紫外線の5%~10%程度です。

UVC 紫外線C波・・・皮膚ガン 白内障など


・人体に大きな悪影響を与えるUVC

UVCは紫外線の中で最も人体への影響が大きい紫外線です。オゾン層で守られているため、地上に到達することはないのですが、非常に強い殺菌作用があり、人体に対して強い破壊性をもっていると言われています。まだ解明されていない部分がありますが、近年オゾン層の破壊により、少量のUVCが降り注いでいる可能性があると言われています。

最も多く降り注いでいるのはUVA

私達が生活している、地上に降り注ぐ紫外線の90%~95%は、UVA 紫外線A波といわれています。
長時間浴びることで、高加齢の原因につながりますので、1年を通じてしっかり対策していくことが大切です。

1年間のうち紫外線量が多い月 東京の場合

UVが降り注ぐ量が多い月は5月、UVが一番強い月は6月です。この時期は特に注意して、紫外線対策を行う必要があります。
※地域によっては若干異なる場合があります。

【太陽光が当たる場所では日焼け止めを】

大き目のサンバイザーもUVカットには効果的。

紫外線は、太陽光に含まれていますので、外出時や窓際(オフィスなどでも)などに長時間いる場合は、日焼け止めを着けることをおすすめします。

また、最近多く寄せられる質問の中には、子供さんに対しての日焼け止めの必要性です。

「幼稚園や小学校では、外での活動が多いため、紫外線も多く浴びます。適度な紫外線は、ビタミンDなどの生成を行うため、良いのですが、浴びすぎには注意です。小さいころからの積み重ねで、後から重大な症状になることもあるので、可能であれば、なるべくお子様にも日焼け止めを使用することをおすすめします。

最近では、子供用の低刺激日焼け止めも販売されています。

【紫外線で痛んだ肌にはプロテオグリカンでしっかりケア】

プロテオグリカン配合化粧品などで、早めにケアがオススメです。

前項でも述べているように、私達は、常に紫外線を浴び続けて生活しています。
UVA紫外線A波は、365日浴びている状態です。毎日浴び続けることで、体にさまざまな影響が出てきます。特に、お肌は敏感で、早い段階で反応が出ます。紫外線を浴び続けることで、乾燥肌になることが多く、乾燥肌からシワができ、外的刺激から体を守れなくなりニキビや肌荒れなどの原因にもつながります。

もし、日焼けをしてしまったら、早めのケアが大切です。日焼けをして、肌が熱を持っている状態であれば、氷水にコットンを浸して、顔に5分~10分(途中コットンを交換しながら)ほど貼り付けて冷やしてください。次に、しっかりと美容液などでケアしてください。そのときにおすすめの成分プロテオグリカンが配合されている化粧水などで、パックなどをすると、より効果的にケアができます。最後に保湿クリームなどで、肌に潤いをあたえてください。

プロテオグリカンは、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を助ける働きが見込まれるので、日焼けからの乾燥肌や、乾燥肌からくるシワなどの高加齢現象に対して、症状の軽減や早期の解消のきっかけになります。

プロテオグリカンで、ヒアルロン酸、コラーゲンを元気にさせて、痛んだ肌にしっかりと栄養と潤いを与えて綺麗な肌を目指していきましょう。

日焼け後の応急処置(動画)

次回は、「プロテオグリカンでプルプル潤い肌を作りながら、小顔を作る方法」ということで、肌の潤いと顔の筋肉のリフトアップの双方で美肌と小顔を目指すレクチャーをお伝えします。

【関連ページ】
「プロテオグリカン、ヒアルロン酸、コラーゲンは美肌成分3兄弟」コラーゲン編(前回の投稿)
プロテオグリカンってなあに?
プロテオグリカンのここがすごい!

【公式Twitter】
ツイッターでも、お肌のことをつぶやきます。

【関連サイト】
美容家 田中愛のエステ ビナーレ

美容家 田中 愛 (たなか あい)

大 手化粧品会社「ファンケル銀座スクエア」、外資系大手化粧品会社「エスティローダー」などを経てエステサロン ビナーレを設立。2009年8月に日本テレ ビ『魔女たちの22時』に出演すると、「~青森の田んぼのなかに美肌の神様と呼ばれる魔女がいる~」と紹介され、リフトアップメソッド「顔筋体操」やオリ ジナル野菜ジュースのレシピを披露。たちまち全国で話題に。

※ここでの体験談はあくまでの個人の感想です。また、市販している商品を使用しているものでもありません。